アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


QRコード
QRCODE

2010年05月31日

ひまわり・ひょうたん苗植え

12のプランターに4本ずつひまわりを、保護者の方に手伝っていただき植えることが出来ました。
ついでに、ひょうたんの苗も20本ほど植えました。
子どもと登園後、私と一緒に汗をかいてくださり、有難いことです。

午後、入り口の横を見ると、ゴーヤが20本ほど植えてくれていました。
おおいをして、きれいに植えてくださっていました。
先日近くの方が、草を買って整地した土手に、ずらりと並べて植えてくださいました。
本当に有難いことです。

【私の一日】
朝から昼まで、園庭で、保護者の手伝ってくださる2人の方と、プランターに土を入れて苗植え。
午後からは、3時まで、月末の書類作り。明日の提出書類が、だいたい整いました。
4時から、他の園での会議に出席。
そこで、お化けカボチャの苗をいただきました。昨年は、上手に育てられませんでした。今年の苗は、良い苗ですから、しっかりと、育てたいと思います。入り口横のゴーヤを植えてくださった土手に植えたいと思います。

  
Posted by 未来 at 23:10Comments(0)

2010年05月31日

土日の水やり

園児全員のマイトマト・キュウリ・なすび・ひまわり。園庭のコスモス。それから、芝。
1日くらい水をやらなくてもいいと思うのですが、まだ植え付けて少しの日にちしか経っていないので、この土日もたっぷり植木鉢に水をやってきました。園庭の芝生にも水をやってきました。

まだ少し残している人もいますが、全体的にはマイいちごが終わりました。
この取組がどうであったのか、アンケートを採りたいと思っています。案家と項目をどのような者にしたらいいのか、考えています。

さて、6月第一週。
月曜日と、水曜日は、午後3時以降からの出張。
今ある土を全て植木鉢に入れ、ひまわり・あさがおの苗をこの週に植えてしまいたいと思っています。
どろんこ遊びも予定しています。
新しく、3歳に6月から園児が一人入園予定。
また、新しいドラマが始まります。

5月もケガなくホットしています。しっかりと見守り、6月もケガなく、いい毎日にしたいものです。  
Posted by 未来 at 00:21Comments(0)

2010年05月29日

子どもの成長に涙し

降園時に、一人一人の保護者に担任が今日の様子を伝えながら子どもを引き渡します。
先生と話をしている、ある保護者が涙をぬぐっているのが目に入りました。
どうしたのだろうと、そのあと近づいて様子を見ていました。
子どもが今まで出来なかったことを出来たということを担任が伝えたことに感動し、涙を流されていたのでした。

3時45分から毎日お茶を飲みながら、全教師が集まり一日を振り返る会をしています。
その担任からは、その子の見せた成長ぶりについて話をしてくれました。こちらまでほろりとする話でした。
また、次に話をした先生も・・・
こんな生活場面で子どもの心が育つのだなあと言うことを、涙しながら話してくれました。この話に私も感動してしまいました。
給食を運ぶときに、子どもが手をすべらせ全部をこぼしてしまったのです。そのときに、周りの友達や、隣の先生と子ども達の優しい対応の話でした。
ピンチの時に、チャンスにかわるような事でした。

教師全体での振り返りの話し合いの時間。一週間の疲れを吹き飛ばすような、子ども達の様子を運んできてくれました。
そのときに起こった出来事をもう一度全員の教師で報告し分かち合う事の値打ちを感じています。


また、常日頃から、先生方には、心に残ったことなどは、振り返ってメモをするように話しています。今日の出来事をみんなに話しそれをメモすることで、何が起こっているのか、教師の支援としてどうだったのか等を自分でも整理できるように思うからです。先生方は、話ながら聞きながらメモをしてくれていました。
私は、そのことも有難いなあと思いながら、その会に参加できている幸せを感じていました。  
Posted by 未来 at 01:52Comments(0)

2010年05月28日

園児全員「マイトマト」スタート

■マイトマト
前日、トマト苗を買ってきてください用意してくれました。
園の帰り際に親子で、マイトマトの用意をしてくださいました。
全員が、土入れ、苗植えをして、園児一人一人のマイトマトが園の入り口にならびました。
さて、ミニトマトが実るのが楽しみです。

■保護者草引き
一方、20人くらいでしょうか、保護者の方が草引きをしてくださいました。
すっかりきれいになりました。
本当に有難いことです。

■アルミ缶回収
アルミ缶をためていたのも、保護者の方に、入り口まで出してもらいました。
それを放課後、回収車が来て持って行ってくださいました。
さて、1年間のアルミ缶、昨年は5千円でした。今年は、1万円ほどにしたいと思っているのですが・・・。

【昨日の私】
銀行にいったり、折れている苗があったので、トマト苗を買い足しに行ったり・・・。
保護者草刈りの時には、草刈り機で買ったり・・・。
一日の大半は、外での作業でした。

帰りは、たっぷりと、いろいろな苗に水をやりました。
これからの園庭のものの生長する変化が楽しみです。  
Posted by 未来 at 07:23Comments(0)

2010年05月27日

地域の方が来てくださり

昨日の園の様子です。
本当に有難いことです。

1.
園の入り口横の土手をゴーヤ通りにしたいと計画しています。
近所の方が、その土手を半日がかりで、草を削り整備してくださいました。
草をなくして、その後にゴーヤの苗を植えてくださいます。
本当に有難いです。

2.
一方、園庭には、「花咲かねえさん」の花ボランティアさんが来てくださり、朝2時間ほど草を引いてくださいました。これも有難いことです。

3.
また、保護者役員さんが、園庭の芝生化にむけて、コメリに訪ねに言ってくださったり、実際に園庭の長さを測り植える計画をしてくださいました。芝生化にむけで一歩が始まったように感じこれも有難いことです。
今後①たくさんの方で芝生を植えるための準備②日にち③芝生の入荷予定。一番送れているのが、水道屋さんの見積もり。これらを全体的に進めていく必要があります。1つずつ進めて、何とかなるでしょう。

本当にいろんな方の力添えを得て進められるのが有難いことです。


【会議】
午後は、会議に出て行きました。
発達相談にかかわる会議でした。

夜にも会議がありました。
学校評価委員に関わる会議でした。園からも、4人の評価委員の方が出てくださいました。ありがとうございました。この学校評価の方も、園で6月中に会を開きたいと思っています。

どちらも意味ある大事な会でした。

【今日は・・・】
一人一鉢・・・マイトマトを植える日です。
保護者と、子どもで、植木鉢に土を入れて、苗を植えます。
また、集めたアルミ缶を撮りに来てくださるので、保護者の方に手伝ってもらい、積み込みやすい入り口に空き缶を移動させます。
また、朝の2時間ほど、保護者10人ほどが、園庭の草抜きをしてくださいます。

今日も、いろいろなことがあります。
いろんな人が関わり動いてくださり、
ありがたいことです。  
Posted by 未来 at 05:58Comments(0)

2010年05月25日

雨漏り

園舎が雨漏りをします。
昨年の夏にコーティンクをしてくれたのですが、あまり効果がありませんでした。
困っています。
毎月ボランティアの方がお茶を教えてくれていますが、そのときに使う畳も、雨漏りでカビが生えて、8枚この5月に、新しいものを買いました。

昨日も雨漏りがありました。朝から、市と業者の方とが見に来てくれました。ずいぶん長い時間をかけて屋根裏を点検してくださいました。漏れている場所を突き止めてくださったようです。何か対策をしてくれるということで、ありがたいです。

雨の厳しい昨日の朝に、水質検査の方も来てくださいました。
同じく昼前に、昨年の補助の先生が、今日は休みなのでと、久しぶりに園に寄ってくださいました。お土産のドーナツまでいただきました。ありがとうございました。
午後には、水道屋さんも来てくれました。
週のスタート、いろんな事がありました。


【処方箋】
放課後、一日の振り返りをする時間を毎日取っています。昨日も、お土産のドーナツをいただきながら話し合いがありました。

子ども達の片付けに時間がかかると感じているクラスの先生がいます。全員がてきぱきとまだ動けていないと感じています。他のクラスで、片付けは同化を先ず聞きました。1つのクラスは、1人がやり出し、その子の行動を褒めると、みんながどんどん参加してみんなで動けていることを報告してくれました。もう一つのクラスも、全員がで動けていると報告してくれました。
その後、この処方箋を考えました。
1つは、1つのクラスからの報告のように、「やっている子を褒める」ということでした。
何事でも、『良い方に視点を当てる』です。
このクラスでは、こうすることが、認められることだと言うことを分かり合う。価値の共有です。これが一つだと言うことを確認しました。
その後で、片付けについての話がいろいろ話されました。
①どこに片づければよいのかが、全員分かっているか、確認する。
場が、自分の部屋から、遊戯室にかわれば、どんなに片づければいいのかが分からないので動けないという状況が出ます。同じように、自分の部屋であっても、どこに片づけると言うことを、みんなが分かっているかを、確認する。
・・・まだ、生まれて数年です。当たり前のことのようなことでも、教え確認することがまず大事ですね。
②音楽を使う
片づけるときに、テープをかけて、片づける時間だと言うことを音で知らせるようにしたい、という話も出ました。
片づけるときだけでなく、給食の配膳の時間も、別の音楽を流し、しずかにして配膳をしていたら、この音楽が聞こえるねと、確認していたら、配膳時間もよりスムースに・・・ということも話に出ました。

それらを、その先生流に実践して、少し時間が経ってから、どうだったかを報告し合うことにしました。


他の先生から、一ヶ月後の研究授業に向けて、このようなスタートを切りましたという報告も為された。子ども達が共通した楽しいイメージを持った遊ぶ場作りを仕掛けるアイデアが話された。

放課後、有意義な振り返りの時間に感じている。
お土産のドーナツもおいしくいただいた。  
Posted by 未来 at 07:04Comments(0)

2010年05月23日

芝の散水機設置で

芝の散水機を付けるために、業者にお願いしなければなりません。
rotoの散水機を付けられる業者。水道屋さんは、いないですかねえ。

それに、芝を植えるのを手伝ってあげるという人は、いないですかねえ。

さてさて、どのように動けば、スムースに芝生かが出来るのか・・・。  
Posted by 未来 at 04:29Comments(0)

2010年05月21日

すっかりきれいに

たくさんの保護者が、9時過ぎから園庭でノスポールのフランターを整理してくれた。汗がにじむと言うより、したたり落ちるくらいの、とても蒸し暑い中での作業であった。おかげで、10時半頃には、100のプランタがすっかり片付いた。出された土から、ノスポールの花やチュリップの球根を取り出し、土だけにした後、そこに石灰と、鶏糞を混ぜてくださった。これで、「マイトマト」作りの土の準備がととのった。石灰を入れて一週間寝かしてから苗を植える方が良いので、来週の木曜日に植える作業をしていただくことにしている。

■教育計画仕上がり
教育計画の表紙を昨日子ども達に、マープリングをしてもらった。1枚1枚いろんな模様ができあがった。外にならべて少し乾かした。紙が水を吸い波打つっていた。それを暑い本の下にはさんで重しにしておくと、夕方にはきれいにまっすぐな髪になっていた。その紙に「教育計画」と、印刷をし中身と合わせてホッチキス止めをして仕上がり。試作品をいくつか作った。
なかなかいい。オリジナルの教育計画が仕上がった。  
Posted by 未来 at 07:30Comments(0)

2010年05月19日

人権研修会

午後人権研修会に、教員全員が参加。
普段聞けないような内容のことを聞く機会となった。

その研修が終わってから、また、園に帰ってきて遅くまで仕事をしてくれる先生もいた。
ありがとうございます。

■園庭芝生化の許可
さて、
県から、園の芝生化の許可が下りた。園の園庭にスプリンクラーを付ける工事をしていただくための見積もりを取る必要がある。これも進めていきたい。

■教育計画
今日、マーブリングが届いた。表紙の紙でうまくいくのか試作品を作った。なかなかいい。
明日、5歳の先生が子ども達としてくれると言うことになった。子ども達が楽しんだ後の作品を1日乾かし、金曜日には、それを尽かし表紙の印刷が出来る予定。

■委員会訪問資料の作成
委員会が来てくださる時の資料を作成している。先生方にお願いし、原稿は整った。明日園長先生に見ていただき、この方も金曜日に仕上げたい。
教育計画と、この資料を来週の火曜日に、委員会に送れる予定である。


★明日は、保護者による園庭の草引き
月に一度、園庭の草引きをしてくださる日になっている。明日は、園児一人一人の「マイトマト」を植えるための土作りがメインである。
先ず、春の間しっかりと咲いてくれた100のノースポールのプランターの土を出し、その土に、鶏糞を混ぜて土作りをしてくださる。
有難いことである。天気だけが気になる。
  
Posted by 未来 at 23:40Comments(0)

2010年05月19日

避難訓練5月

4月の訓練は、各クラスごとに、絵本を使ったり、かみしばいだったりで、避難訓練のことを勉強しています。毎月実施する避難訓練ですが、今年度になり、実際に動くのは初めてです。4.5歳児も教室がかわっていますから、どんな動きになるのかを心配していました。
園長先生も来てくださり、初めて子ども達の避難の様子を見てくださいました。
5歳は、1分間の自身がゆれている時間も誰一人、しゃべらず、じっと放送を聞いていたというお褒めの言葉をいただきました。全員が避難し始め堪忍がとれたのは、2分49秒でした。すばらしい結果だったと思います。外でならぶ際も、誰一人お話せず、待てました。
花丸だったと思いました。


100冊の教育計画の方は、保護者の力をお借りし、昨日仕上げました。朝、看板を出し、「9時から9時半までお手伝いを願える人はおねがいします」と、呼びかけました。有難いことに4人の方が手伝ってくださいました。30分で仕上げることが出来ました。
後は、表紙です。マーブリングの材料がまだ届かないので、少し、待つことにします。


そうそう、4歳のお部屋で帰り支度をしているときに私がそばを通りががりました。
先生が、帰る前の絵本を読もうとしていました。先生の用意している絵本を私が貸してもらって、子ども達の前に出てイスに座りました。
「みんながとても上手に集まっているので教頭先生が絵本を読みたくなりました。読んでいいですか。」
子ども達は、いいですといいながら拍手をくれました。
「おへそが先生をむいていますね。お顔もむいていますね。いいですね」と、いってから読み始めました。

一番大きな影は、誰かなあと言った内容でした。明日、外で遊ぶときに影の大きさ比べをしたら楽しいね。さようならといって、終わりました。
子ども達に絵本を読むのは、楽しいものです。子ども達は、一生懸命聞いてくれるからです。


さて、1つのプロジェクトをスタートさせようと思っています。
先生が本を読むだけでなく、「5歳児が、本を3歳児に読んであげるプロジェクト」です。
ということは、文字が読めなくてはなりません。短くて文字の少ない本を用意しておこうとおもします。
5歳児が読んであげることで、それがかっこいいあこがれの姿になれば、4歳・3歳も文字に対して興味関心が余計に出るように思うのです。まずは、文字を読める子どもだけからスタートして、みんなが読めるようになればいいなあと思っています。こんな事が可能なのでしょうか。
徐々に試していきたいと思います。  
Posted by 未来 at 04:21Comments(0)

2010年05月18日

ニチニチソウを

昨日、私の知らない間に、役員さんが10程のプランターにニチニチソウの苗を植えてくださっていました。ありがたいことです。

さて、教育計画を作成中です。
100部の印刷は、終わりました。
今日は、それのペ自を合わせて、中身だけで一度ホッチキス止めをしようと思います。

ところで、表紙を子どもの手形を重ね合わせてしようと思ったのですが・・・
昨日、朝早く来た子どもで「手のはんこ」をしたい子にやってもらいました。
ですが、なかなかうまくいきません。私の用意のしかたが悪かったようです。布にしみこませておいたら良かったと、後で気がつきました。昨日は、トレイに色水だけを入れていたので、絵の具の色水がしたたり落ちてうまく手形になりませんでした。あげくのはてに、机の脚が頼りなかったのでしょう、子どもが手形を押した重みで、机の足がまがり、色水のトレイが下にこぼれてしまい、大変なことになりました。幸い絵の具なので、新聞紙やらぞうきんで吸い取り後の処理は出来たのですが、・・・。

ので、マーブリングに変更。早速600円ほどのマーブリングセットを注文しました。
これなら子ども達に楽しんでもらい、表紙としても使えるものがうまくできるはずだと思っています。
明日にも注文したマーブリングが届くでしょうから、できると思います。
今日は、中身のホッチキス止めを仕上げておきたいと思います。

  
Posted by 未来 at 07:15Comments(0)

2010年05月16日

トマト苗いただけませんか

実は、「枯れそうな苗ですが・・・」と、先日花の苗をたくさんいただきました。
それを地面に植えてやると・・・。
生命力というのか、スゴイものです。苗自身も「生きかえった」と、思っているように、ポット苗のときと様子が変化しています。
今日その苗に水をやりに園に行きました。

 さて、話は変わりますが・・・
 種から蒔いた「ミニトマトの苗」は、温室に入れて、早く大きくなってほしいと思っていたら・・・、しおれているようでした。昨年は、100以上のトマト畑を作りました。自分の親が種から育てた苗を使ったので、苗代が入りませんでした。今年は、親の健康状態が良くないので、もらえる苗はありません。種から育て苗にして、一人一鉢のトマト畑にしようと思っていますが、種から育てるって難しいものですね。
 トマトか、ミニトマトの苗があまっているからと、園にいただけるところは、ないでしょうかねえ。

来年こそは、種を少し大きめのハウスに直まきして、苗をうまく作るようにがんばりたいと思います。
今年は、・・・園児一人1本の苗を買うことになるのでしょうかねえ。

今、一人一鉢の「マイいちご」を作っています。
毎朝、その植木鉢に水をあげたり、つんで食べたり、イチゴの育て方に花が咲いたりと、一人一鉢作りで、その周りで保護者も子どももいろんな物語があるのです。このイチゴの苗も親と、地域の方にいただいたものです。いまさらながら有りがたいなあと思っています。
ぜひ、トマトも一人一鉢にして、園に登園する楽しみを作りたいなあと思っています。

そうそう、今日、水やりをした一つに「ゴーヤ」があります。
ゴーヤを今年はじか植えにして育てようと思っています。園の入り口にゴーヤのツルをはわせたいと思っています。このゴーヤの苗を近所の方にいただき、その方に植えていただきました。これも有りがたいことだなあと思っています。これもうまく大きく育てたいです。  
Posted by 未来 at 00:05Comments(0)

2010年05月15日

どのようにすれば、教育計画をよりよいものに出来るか

「どのようにすれば、教育計画をよりよいものに出来るか」

今、教育計画を作成中です。

1、園ナビ

 幼稚園の全てが分かるようなもの・・・園ナビ・・に仕上げたいと思っているのです。少しずつ変化させていけたらと思います。今年も、何点か改良しました。

①1年間の行事がそっくり分かるものに
 今年は、1年間のカレンダーを巻末に入れました。
 園で、何月何日は、どんな行事があるのか・・・
 「年間行事予定」が、これを見ればすぐに分かるようになります。

②夢プランがわかるように
 昨年度の「自園評価」を入れると共に、今年度どんな事を大事にした園経営をしていくのかが分かる「22年度夢プラン」を掲載しました。
 これによって、どんな園にしたいのかが、自分もここに戻って確かめることも出来ますし、誰にでもここを示せば分かっていただける冊子となるからです。

あと・・・
③表紙
 この表紙を一工夫したいと思っているのです。
 今

 アイデア募集

 毎年、表紙の色を変えるくらいで、同じものに仕上がっています。
 少し、「手にとって見ようかな」と、思うくらいの表紙に変化させたいのですが、
 今までのものを見ているので概念くだきが出来ません。
 
 どんな表紙が考えられるのか、
 どなたか、アイデアをいただけたら有難いです。

 シンプル イズ ベスト で、今までのものと同じに、結局はなるのでしょうか。
 例えば、・・・いまあるイメージでは・・・
 
  ①子どもが手形などを押した用紙に印刷をする。
  ②マーブリングをして印刷
  ③折り紙を貼った模様の上に印刷
  ④・・・

 今のところは、①の手形を考えています。
 園児達に、少しうすい色の絵の具を手につけてもらい、白い表紙にする用紙に自由に「てがたあそび」をしてもらう。そして、その用紙を使って印刷する。
 赤や緑や、黄色といったかわいい手形がある上に黒で印刷すれば、それもおもしろいのではないかと、思っています。
・・・・・
【手形 今思っているやり方】
①パレットに、一色ずつ用意。
 用紙を机に並べておく。
 ※机は、20枚ずつ、5カ所作る。
 ※一カ所ずつ、違う色を用意しておく。
②ここに「てのはんこ」を押してください。
 「やさしく、ゆっくりと。自分の手がそっくり紙にうつるように手のはんこをおしてください。」
※違う場所の机には、押しに行かない。
※1色ずつ3かい重ねる。重なりを楽しむために、乾いてから行うようにする。
そのために、3日間する。二日目は、5カ所の机に置く色を変えて用意しておく。
※朝早く来た子で、やりたい人に参加してもらう。
・・・・・

 さて、他におもしろいアイデアがあれば、コメントに入れてくだされば有難いです。
 

 そうなのですよね。
 何か「遊び心」があればいいなあと思っているのです。
 教育計画の、表紙にも遊び心、中身にも遊び心。
 すこし、そのような教育計画を作りたいと思っています。

 昨日、2時間で片面を印刷しました。
 来週には、うら面を印刷しようと思います。
 そして、表紙印刷と、ホッチキス止め。
 そのあと、製本テープを背につけて終わりです。
 
 当初、製本を印刷屋さんに出す予定でしたが、あまりにも部数も少なく、小学校では学級文集冊子を創っていたこととあまりかわらない作業量なので、自分で出来るかなあと思っています。本当は、印刷屋さんにも仕事が行くように、市費で「印刷費」が1万5千円前後が出ているのですが・・・。「印刷費」は、次回に使わせていただくとして、今回は、手作りで仕上げようかと考えています。

 オリジナル表紙、限定100部。
 楽しみながら「教育計画」を創り上げたいと思っています。
    
Posted by 未来 at 11:19Comments(0)

2010年05月12日

トマト畑づくりの一歩

ミニトマトの苗作りをしています。しかしまだ、種から芽が出て5㌢くらいのひょろっとしたものです。昨日、その発芽してものをビニル袋に包み温室のようにしました。少し、早く生長するように温室に入れたのです。

昨年も、100以上の苗を育てました。ことしは、一人一鉢の苗を育ててもらうように。そのためにも早く苗の状態にしたい者ですが・・・。来年は、もう少し早く種を蒔こうと反省しています。

「早く芽を出せ柿のタネ。
出さぬと・・・ちょん切るぞ。」

こんな心境です。  
Posted by 未来 at 07:02Comments(0)

2010年05月10日

メダカいただきました

日高から無事メダカたちがやってきました。
大事に育てたいと思います。
うまく育てて、メダカをふやしたいものだと思っています。

ところで・・・
今日、幼稚園に行くと・・・
ある先生が休日にもかかわらず、環境作りに二時間ほど来てくださり、子ども達が喜ぶようなものを作ってくれていました。来月にはプールがはじまるので、プールあそびの前段階として、楽しめるものを作ってくれたのだと思うのですが・・・。
子ども達は、どんなふうに利用するのでしょう。それをつかってどんなあそびが展開されるのか楽しみです。  
Posted by 未来 at 00:05Comments(0)

2010年05月09日

メダカ大移動中

日高郡の人が、今、電話くださいました。
「高速を使って、メダカの大群を輸送してあげる」

ひらたく言うと、メダカをたくさん幼稚園にあげます。これから持って行ってあげる、という電話です。
本当に、もとめれば通じると言うことです。
日曜日に、夫婦一緒に、めだかをわざわざ高速代を使ってでも、持ってきてくださるのですから・・・。
ほんとうに幼稚園は、いろんな人に支えられて、成り立っています。

さて、5時に園に着くというので、これから、用事を済ませて4時に園に行き、いただく準備をしなければなりません。
ありがたいことです。  
Posted by 未来 at 14:47Comments(0)

2010年05月09日

ノスポールを移動

ノースポールが100以上のプランターにきれいに咲き、3月4月の園の玄関先を楽しませてくれました。
本当に有難かったです。新報の5月3日の記事にも取り上げてくださり、これも有難かったです。

このノースポールもいよいよ終わりの時期です。
昨日<園に水やりに行き、このノースポールのプランターを移動させました。ノースポールのプランターを園庭の土の上に移動したのです。今年のノースポールも全て園庭に生えてきた芽をプランターに植え替えて育てたものです。今年もプランターを土の上に置き、そこでしっかりと枯れるまで置いて、種が落ちるのを待ちます。きっと、また来年、園庭のどこかからたくさんの芽をだしてくれるものと思っています。それまでしばらく、お別れです。
しかし、すごいものだと思うのです。このようにして花の命がつながっていくことが・・・。

さて、園の玄関には、トマトの苗を植えた「マイミニトマト」の植木鉢が、来週にもならぶ予定です。  
Posted by 未来 at 08:43Comments(0)

2010年05月07日

私が・・絵本の読み聞かせを

今日から・・・保護者による絵本の読み聞かせが始まります。

木曜日ごと、11時15分~30分の15分間を使って「絵本の読み聞かせ」をしていただきます。
スタートの前に、そのお部屋に入ってきた子ども達にお話をしました。

・・・
水の上に写真みたいに周りの景色がうつっているのを見たことがありますか。
水の上が、ざわざわしていなかったら、水の上が鏡のようになって、周りの景色が水の上にうつるのです。
みんなの心もざわざわとしていたら、絵本の世界の景色がみんなの心にうつりません。
心を静かにして、お話を聞いていると、絵本の世界の景色が、心にきれいにうつります。

まず、先生におへそとお顔をむけて座ってください。
友達と、おしゃべりしていたら、心が静かにならないので、お口は、ぜったいにチャックします。
おしゃべりは、自分の心とおしゃべりしてください。周りの友達とは、おしゃべりしません。
そう、静かで、みんなのおへそがこちらをむいていますねえ・・・。

とっても嬉しくなったので、教頭先生が、絵本を読みます
・・・

絵本は、読むチャンスがあるかどうか分からなかったので、職員室にあったものを持って行ってました。
茶封筒に入れて、横に置いておきました。
その本を取り太鼓とで、子ども達の視線を、本に向けることが出来るとも思ったからです。

「ふうせん くまさん」だったかなあ・・・
怒ったり、泣いたりすると、風船のようにふくらんでしまうくまさんのお話でした。
まちがっていましたら、また、本の題名は、あらためて書き足すことにします。

とっても、たのしいお話でした。
聞いていたおかあさんは・・・教頭先生も読み方は、おもしろいですねえ・・・と感想を言ってくれましたが、・・・。どうだったのでしょう。


何をするにも、その構えを作ってから、始めないと、うまくいきません。
「その気にさせる」ことです。
絵本をお母さんに話してもらうときは、「へそをむけて座って、口はチャック。お話は、自分の心とする」。このことを全体の物にまずしたかったのです。

さて、1年間、毎週木曜日に3人ずつお母さんが交代で読んでくださいます。たいへん有難いことだなあと思っています。
私も、読むのが好きなので、機会が有れば、入れていただきます。・・・・というか、5月中は、お母さんが交代で1人読んでくださるのと、私とが読み手になっているようなのです。
さて、来週は何を読もうかなあ・・・。5月に私が読むと言うことは、「へそ。口チャック。できていて、かしこい」と、刷り込む意味もあるように思っています。



ところで、5時半過ぎに園を出ようとすると・・・
出張に行っていた先生が帰ってきました。

「トマトの苗を植えたいので、その準備に来ました。」というのです。
私は、門の所で、車に乗りかけていたのですが・・・・。
もどってその先生と一緒に、
①チューリップの植えていた植木鉢をひっくり返す。
②植木鉢の土と、新しい土と、鶏糞とまぜる。
③植木鉢に土を一杯入れる。
この作業をしました。1時間かかり作業終了。
7時前に、その先生と一緒に園をあとにしました。

明日、トマトの苗植えができるといいのにと思っています。
私は、・・・植えるときが一番ピンチ。昨年の経験で、茎を折る子が3人いる・・・かもしれない。穴をほっておいて、やさしく下からもって、やさしくうめるように指導してね・・・と言いました。
昨年も、初めての苗植えで、失敗する子が数人いました。苗は、先生分はありますが、きっちりしか買っていないようです。うまくうえられたらいいのですが・・・。

出張からわざわざ帰って来てくれて、用意をしてくれありがとうございました。


【蛇足】
私が、種を蒔いているミニトマトは、育つと100本ほどの苗になるのではないかなあと・・・。
トマト畑を、昨年度のように作ろうかと思っています。これも、マイイチゴの主格が終わる5月下旬に、苗と、土を渡して、親子で作ってもらおうと考えています。今日3㌢ほど出ている芽を良い苗に出来るように育てたいと思います。
さて、その際に、キュウリの苗もあるので、ミニトマトかキュウリか、選んでもらって植えるのもおもしろいかなあ・・・なんて考えています。

プランターが150。ヒザまでの高さの30㌢植木鉢が、100少しあります。夏の水やりのことを考えると、これ以上ふやさないでおこうとは思うのですが、いっぱいいろんなものを作りたいという私のレク心が大きくうずくのです。  
Posted by 未来 at 03:25Comments(0)

2010年05月05日

対面式

出会いを大事にしたいです。
いいであいを作りたいと思います。

年少組さんが園生活に慣れてきた4月の後半に、園の年中・年長さんと
よろしくねと、出会います。
年長さんは、自分たちがお世話をしてあげる年少さんが、園に入ってきたのだねと、
年長さんになった意識をたかめます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月○日対面式

■時間:10時30分~10時45分
■場所:遊戯室

《プログラム》
10時20分年長が年少さんの部屋に呼びに行く

1.あつまっておはよう

2.歌いましょう
 ①チューリップ
 ②むすんでひらいて
 ③ソレはくしゅ

3.年中さんからの歌のプレゼント
・先生とおともだち

4.年長さんからの歌のプレゼント
・パンダ、ウサギ、コアラ

5.年長さんから3歳にプレゼント
 (「いっしょになかよくあそぼうね」と、言葉を添える)

6.3歳からみなさんへのことばのプレゼント
 「ありがとうございます。なかよくしてください」の言葉をみんなで言う。

7.終わりの挨拶

8.部屋に年少組さんを連れて行く

【備考】
・メダルがみんなにかかるか、先生が配慮する。  
Posted by 未来 at 00:05Comments(0)行事

2010年05月04日

幼稚園4月の学級づくり

幼稚園、3年目の私。
少し見えてきたようにも思います。

幼稚園は、教育の場です。
やはり学級経営が出来る必要があります。
「聞く」子ども達にしつけていかなければなりません。
子どもが、まず先生の話を聴いていないのに、先生が一生懸命しゃべりかけても、伝わりません。
子どもに聞いてもらえる教師でなければならないと言うことだと思います。

「子ども達が、話を聞く」
ここが、力量のある先生と、そうでない先生の違いが出るところだと思います。

1.先生と、子ども達の人間関係が出来なければ、聞いてはくれません。
 先生の事が大好き。その大好きな先生が、「聞いてね」と、言っているから、聞いてあげよう。

2.先生の話を聞くのが楽しい。
 先生は、楽しいことをしてくれるから、話をきこう。

3.話を聞くときの、聞き方を教えてもらっているから、その姿勢をとろう。
 ※このルールを、園全体の先生が同じことを言っているから、そうできるよ。

園児を赤ちゃんのように扱っては、いけないと思います。
ちゃんと教えれば分かる存在であると、認めます。
そして、・・・

「聞くときは、先生にへそをむける。そして、目を見る。口は、チャック。」
■合い言葉は
→『へそ・目・口チャック』です。

先生の口癖は、「へそと目と先生むいて、かしこい」です。


子ども達か、ざわついていて、そのざわつきの上にかぶせるように、先生が、大声を出していても、疲れるだけです。
子ども達は、聞ける存在です。
きちんと、聞くときのルールを教えてあげ、先生も、身を乗り出すように子どもの視線を自分に全部向けさせるように話します。視線を引きつけられていたら、声は、普通の大きさの声で話します。


「聞く」ようにするための・・・先生が、もっている武器は、たくさんあります。
・身を乗り出すように、子どもの前に立つ
・手に持った・・・人形等

それに加え・・・強力な・・・武器

・手遊び等の、音楽
そして、
・ピアノの音や、歌


小学校の教師であった私からすれば、幼稚園の先生の子どもを引きつける技は、プロです。
むりやりや怒ってでなく、子どもを「その気にさせ」話を聞くように、しつけていきます。
「聞く」ことを園全体の教師が、繰り返し、指導していきます。
すごいことだなあと思います。

5歳になると、集団の中で、友達の話を聞くことが出来るようになり、話し合い活動も出来るようになります。「話を聞く」ことが学習できているから、話し合いができるのです。
3歳からの毎日毎日の積み重ねによる学びのすごさを感じます。同時に、子どもの成長を見るにつけ、先生の根気強い子ども達への指導がそこに感じます。


4月の先生達が子どもに一生懸命指導している姿をみながら、「聞く」ことの指導の大切さを感じています。
これは、全く小学校でも同じ事です。

あたりまえのことですが・・・
小学校で、この「聞く」ことの指導が出来ていなければ、学習が成立しません。
もちろん中学校も高校・大学でも同じだと思います。


■4月は
個人としての安心・安全で
1.個々の生理的欲求を満たす事への配慮
2.安全欲求を満たす配慮

そして、

3.保護者との信頼関係を築く課題
4.「聞くことができる」集団にする課題

・・・
これらをクリヤーすること
私は、そう思っています。

■5月は、加えて・・・
集団の中の一人一人として
1.帰属欲求を満たすことへの配慮
2.社会的欲求を満たすことへの配慮

・・・と、なるのだと思います。  
Posted by 未来 at 01:30Comments(0)