アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


QRコード
QRCODE

2012年05月28日

幼稚園休日の水やり

運動会の振替休日です。
しかしながら、生き物のキュウリ・トウモロコシ・カボチャは、休日ではありません。
ここは、昨年までの土でなく砂地なので、毎日の水が欠かせないのです。

となりの農家の人と話をしました。ゴーヤを種から育てるというので、ずうずうしく下さいと話をしました。買うつもりでいたのですが、いただくのを待つとします。今日は、カボチャの苗をいただきました。それをネットにはわすことが出来るというので、幼稚園のプランターに早速植えました。ゴーヤカーテンもしようと思いますが、カボチャカーテンも楽しいと思います。
さて、どうなるのか楽しみにしておきます。

夜は、評価学習会に出席しました。
6時半から8時半。

  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月27日

全てが有難い運動会

まず、天候がすばらしい1日でした。
園児も全員が元気で欠席者がゼロ。
保護者のお手伝いも本当に有難く、みんなでつくりあげる運動会という様子でした。本当に有難い事です。
当日、片付けが終わった段階で、園長以下全員で1日を振り返りました。

さて、あらためて教師の振り返りをする視点として、一人一人にどんな成長をする機会となったのか。クラスとして、どのような成長があったのかです。
この行事が、どんな意味があったのかを改めて確認する場を持ちたいと思っています。


蛇足ですが・・・
昨日の運動会の終わったのが2時。一息ついた後、全員で畑の水やりとうねづくりをしました。
その後、担任だけで、教育計画の今年の研究にかかわる部分の話し合いを持ちました。
5時過ぎに全員が園を後にしました。  
Posted by 未来 at 12:38Comments(0)

2012年05月25日

明日、幼稚園運動会

市内で一番早い運動会ではないのでしょうか。
今日のおしめり。明日は、最高の運動会日和となることでしょう。
幼稚園の単独運動会ということで、いったいどのような雰囲気でなされるのか、私自身があまりよく分かっていないのですが、放送全体を担当し、子ども達が1日楽しく過ごせるように、支えられるようしっかりつとめたいと思います。
 今日も前日準備に保護者の半数くらいは出てくれていたのではないかと思います。小学校の先生もお手伝いくださいました。ほんとうにありがたいことです。
明日は、7時には園に着きたいので、6時過ぎには、出ようと思っています。
いい日となりますように。  
Posted by 未来 at 21:26Comments(0)

2012年05月16日

40本のキュウリトンネル

さて、40本のキュウリ苗を用意しています。
20本ずつ、2本のうねに植えます。そのうねをアーチ方の支柱でつなぎます。それにネットを張ります。これで、畑のうねの長さのキュウリトンネルが仕上がります。

昨年も、キュウリトンネルをしました。しかし、昨年は、プランターでしたのです。畑での本格的トンネルは今年が初めてです。10㍍はあるうねです。さて、砂地の畑なので水やりも大変ですが、それよりなにより、トンネルの上からキュウリがなっているところを想像しただけで楽しくなります。

明日、このキュウリの苗植えをします。
明日は、子ども達が植える前に、私が、杭を打ち込みこのアーチ方の柵を立てて、ネットをかぶせる作業をしたいと思います。明日も忙しい1日となりそうです。


蛇足ですが・・・
午後からは、教師の誕生日会で、ケーキをみんなでいただきます。
その先生の誕生日から一番近い木曜日に、誕生日会を計画しています。
木曜日は、午後からの保育がなく、会議になります。その会議の3時のおやつとして、それぞれの先生の誕生日にあやかりケーキをいただきます。ちょっとした、教師のレクリエーションです。
明日は、先日誕生日だった園長先生の誕生日のお祝いです。これがこの職場での2回目のケーキタイム。
  
Posted by 未来 at 22:01Comments(0)

2012年05月14日

うねをつくったが・・・

畑を指導してくださる人がいます。

「うねをつくるときには、電話してください」と、言われていたのですが、それくらいは、自分でせねばと、私一人で、うねをつくりました。なかなか、まっすぐなできばえ。これならばと、・・・。

さて、その方が、夕方見えられたので・・・
「弟子の、うねづくりは、どうですか」と、褒めていただけると思っていったのですが・・・

「教頭先生・・・悪いけど・・・」
なんと、うねの真ん中にずっとまた、ふかいみぞをつけて・・・。

「女の人でも、化粧する前に土台をしておかなければ、化粧がうまくいかんのやして・・・
 まず、うねをつくるまえに、基礎の肥料をやっておかな、あかんのよ・・」

私は、うねを創ることだけをしたのですが、そのまえに、土の中に油かすと、肥料をいれてから、うねをつくるのだと教えられたのです。
なるほど。「上農は、土をつくる」です。土をつくらねば、そこにうえてもいいものにならないというのです。残念ながら、私の創ったうねは、やり直しになったのですが、まず、土作りをするのだということを しっかり、体で学んだ日でした。

年長さんだけですが、1人1本。40本のキュウリをつくると、どうなるのでしょう。
できすぎてたいへんなことになるのではと、思うのですが。どうでしょう。  
Posted by 未来 at 23:49Comments(0)

2012年05月12日

5歳児の部屋は、歌詞掲示

幼稚園は、環境による教育です。

先日、担任の先生方と、1時間ほど話をする時間を持ちました。
これからの活動方針のようなことをざっくばらんに話し合いました。
その中で、5歳児の部屋には、「歌詞をはる」ことをお願いしました。今歌っている歌の歌詞を必ず掲示しておいてほしいのです。文字は、直接的には教えていませんが、文字がある部屋にしておきたいのです。当然それを見ながら歌う子も出ていいのです。

もう一つ、3歳・4歳・5歳の全ての部屋で、1日の流れがわかる表示をしてもらうようにも言いました。
小学校では、時間割があります。今日一日のやることが、わかるようにしてほしいのです。
3歳では、写真をラミネートしたものが縦に並べられて、外で遊んで、絵本を見て、手を洗って、給食がある。そのようなことを写真でわかるようにしてもらいたいとお願いしました。5歳では、文字と、イラストでいいのです。
 一日の流れがわかれば、受け身だけのリズムでなく、目的を持って能動的に動く事が出来ます。そして、このつぎにする「絵を描く」「サッカーをする」等のことを楽しみに出来ます。

もう一つは、「絵本の時間」です。
金曜日には、本を借りに行くようになっています。その金曜日の借りる時間とは別に、本を読みに行く時間を作ってもらうように言いました。3歳は、10分で良いです。先ず、かみしばいをしたり、ホンノ読み聞かせをしたり、その図書室で過ごす時間を創り、少し自分で見る時間をもちます。
5歳になったら、自分で読む時間を少し長くして、全体が30分くらいにすればいいと思います。
自分で、本を見る(読む)時間を週に1度作ってもらうようにしました。

しかし、なんといっても、全体が落ち着いていることがとても良いのです。本当に有難いことです。
部屋の北側には、緑の葉っぱを一杯つけた木があります。部屋に、その緑の木々からの爽やかな風が入り、なんと揺ったりとした、そのお部屋での暮らしがあるなあと、各おへやを周りながら嬉しく思っているのです。
とても有難いことです。  
Posted by 未来 at 21:18Comments(0)

2012年05月09日

お手伝いありがとうございます

 園庭に飛び石があります。コンクリートでつくったそのものと周りとが3㎝から5㎝ほど段差があります。たしかにひっかかってこけたときに、コンクリートのかどでうちそうです。年間10件ほどのけががあったようです。
 飛び石も意味あることだと思います。しかし、なんだかあむなっかしくて、周りとの段差をなくすようにしようと思いました。市役所にお願いして、土を2トン運んでいただきました。
さて、段差をなくすように市役所から頂いた土の山から、その飛び石の周りにスコップで土を運ぶ仕事をしなければなあと、思いながらも一週間ほど・・・そのままでした。

 ある日、「今日は親子ダンスの練習が10時半からあるので、もう家に帰らずそれまで時間があるので、します。・・・。」
 1人のお母さんが、スコップをもって動き始めてくれました。私も、もちろん一緒に・・。すると、登園してきたお母さん方で、役員さんが中心にですが、たくさんの方が一緒に土を運んでくださり、とび石の周りの段差がなくなったのです。
 特に、今日やろうという打ち合わせもなく、一人のお母さんがし始めたのを見て、自主的にお手伝いしてくださったのです。
 なんと、ありがたいことです。


 そうそう、ありがたいと言えば、「絵本の読み聞かせ」も、自主的にグループメンバーを募集して、してくれるというのです。これもありがたいことです。
なんだか、嬉しくなっています。
  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月08日

13.「老人ホーム訪問交流」

13.「老人ホーム訪問交流」

1.日時 : 5月  日 ( 曜日) 9時20分~11時30分
2.場所 : 地域老人ホーム
3.役割 : 司会(5歳担任)
4.ねらい:おとしよりと交流しおとしよりと知り合う 
       ※お年寄りとふれあい、交流を楽しむ。 
・4歳児:おとしよりをよろこばそうとする
・5歳児:おとしよりに喜んでもらいたいという願いを持つ
5.用意するもの
※相手方に4月中に電話でお願いする。
 ・担任が事前にプログラムを持って行き打ち合わせをする。
プレゼント(事前にお年寄りの参加者人数を担任が打ち合わせ時に把握)
 【注意】
・アルコール消毒の必要な場合入り口でする。
 ・セキのでている子は、ふれあい遊びをやめておく。

6.プログラム
 9時20分 幼稚園出発
 9時50分 老人ホーム到着
        ・トイレに行きたい人は行かせて頂く
 10時00分 
     ①園長あいさつ  
②歌を歌う
       ・全員で 「園歌」と「おじいちゃん、おばあちゃん」を歌う。
・4歳児 「かたつむり」と「おつかいアリさん」を歌う。
・5歳児 「ことりの歌」と「うたえバンバン」を歌う。
  ③ふれあい遊び
・かたたたき
・あがりめ、さがりめ
・げんこつやまのたぬきさん
③プレゼントをわたす
④園長あいさつ
 10時50分 退場
・トイレに行きたい人いかせてもらう
 11時00分 老人ホーム出発
 11時30分 幼稚園到着



  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月07日

12.「神社での木の実ひろい」

12.「神社での木の実ひろい」

1.日時 :5月  日  9時30分~11時10分
2.場所 :○神社 
3.役割 : 司会(担当先生)
4.ねらい:※野山で友だちと一緒に落ち葉や木の実などを拾って、春の自然に親しむ。
        木の実拾いを楽しみながら、春の季節を感じる。 
・3歳児:木の実がたくさんあることを喜び拾う。
・4歳児:春の様子を、木の実拾いを通じて体験的に分かる。
・5歳児:春と秋の違いが分かるとともに、木の実拾いを楽しむ。
5.用意するもの
・救急箱  ・ナイロン袋
【準備】
・朝、神社の環境・安全を確かめに行く
・△コーン(そこから行かないしるし)
     ・シート(本を読める場所)
  ・木の実の本 を持って行く。

6.プログラム
  9時30分 幼稚園を出発する。
※5歳児と3歳児が手をつなぐ。
・途中の信号機で、信号機の渡り方の交通指導をする。
10時00分 神社に到着
①耳を済ませて、どんな音がしているか。葉っぱの色はどんな色をしているかな。

    ②話が一段落すると、どこかから「おーい」という声。
     声のするほうの落ち葉の下から、どんぐり坊やが出てくる。
     「こんにちは、僕は神社の妖精。・・・仲間がいっぱい隠れているから見つけ
      てね」     
 
   どんぐり探しスタートする。
・虫探し。草花見つけ・オオバコずもう・木の実拾い
10時35分 集合
40分 出発
  11時10分 幼稚園到着

7.その他
 ・△コーンを置く。
 ・広場の真ん中にシートを敷き、本を置いておく。周りに水筒。休憩場所にもする。
 ・教師は、東・西・南の入り口に別れて子どもを見守りながら活動する。

  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月06日

11.「春の遠足」

11.「春の遠足」

1.日時 : 5月 日 (金)  9時30分~13時30分
2.場所 : 和歌山城公園
3.役割 : 全体号令(行事主任)
4.ねらい: 
・3歳児:おうちの人と一緒に外で楽しく一日を過ごす。
・4歳児:友達と一緒に外での一日を楽しむ。
・5歳児:みんなで仲良く遠足を楽しむことができる。
5.用意するもの
カセット、デッキ、マイク、クラスの旗、救急セット、着替え
※予備電池

6.プログラム
 9時30分 集合
  ・各クラス点呼終了(確認の電話。教頭に人数報告) 
・園長あいさつ
 9時40分 出発
・5歳・4歳:天守閣に向かう
・3歳   :保護者と一緒に動物園に向かう
 【5歳・4歳】
10時    天守閣前でトイレ休憩
10時10分 お城の中見学
10時30分 下にいるおうちの人にクラスの旗を振り知らせる
10時40分 天守閣を降りる
11時10分 トイレ休憩
11時30分 二の丸広場到着      ※集合写真を撮ってからお弁当
 【3歳】
9時50分 動物園見学
10時45分 二の丸広場に移動。御橋廊下を渡る
11時30分 弁当を食べる
※集合写真を撮ってからお弁当

・・全体・・

  12時30分  4歳・5歳が集まり御橋廊下を渡る
13時00分  ダンス・ふれあいあそび
・ダンス「公園へ行きましょう」
・ダンス「親子でメリーゴーランド」
・ゲーム「パンパンパン屋さんへお買い物」
13時25分  園長あいさつ
 13時30分  解散

【備考】
※3歳組 カード

○○ようちえん ○組
いちにちたのしくすごそうね

┌────┬─────────────────────────────┬──────┐
│ │ きょうのプログラム │ │
├────┼─────────────────────────────┼──────┤
│ │ すいきんえんをさんぽするよ │9時50分 │
│ ① │・ペリカン、カモは、みつけられたかな │~10時 │
├────┼─────────────────────────────┼──────┤
│ ② │たくさんのどうぶつとこんにちはしよう │10時 │
│ │・うさぎ・ペリカン・サル・しか・・・・ │~10時30分 │
├────┼─────────────────────────────┼──────┤
│ ③ │おとのさまやおひめさまのように │10時45分 │
│ │ おはろうかをわたろう │~11時 │
├────┼─────────────────────────────┼──────┤
│ ④ │みんなでしゅうごうしゃしんとろう │11時30分 │
│ │ 二の丸広場の奥のほうに集まってください │ │
├────┼─────────────────────────────┼──────┤
│ ⑤ │おべんとうをたべよう │ │
│ │ 写真の後、クラスみんなで集まって食べます │ │
├────┼─────────────────────────────┼──────┤
│ ⑥ │おやこですきすきあそび │13時 │
│ │ ・ダンス「公園へ行きましょう」 │~13時25分 │
│ │ ・ダンス「親子でメリーゴーランド」 │ │
│ │ ・ゲーム「パンパンパン屋さんへお買い物」│ │
├────┼─────────────────────────────┼──────┤
│ ⑦ │そのばでさようならします。 │13時30分 │
│ │ 気をつけて帰ってくださいね。 │ │
├────┼─────────────────────────────┼──────┤
│【メモ】 │※水禽園や童話園では「○○が気持ちよさそうに泳いでいるね」 │ │
│ │「ふわふわしてかわいいね」等、ゆっくり会話しながら一緒に歩く│ │
│ │時間を楽しんでください。 │ │
│ │※開放感を味わいのびのびと楽しんでほしいと思います。 │ │
│ │そのためにも、危険な行為(柵に上る。城壁にのぼる)等、その場で│ │
│ │声をかけて危ないことを気づかせてあげてください。 │ │
└────┴─────────────────────────────┴──────┘

  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月05日

いとおしく

子どもの日


何年か前のこと・・・・
入園した3歳の子どもの話・・・・・。

入園から毎日、泣く女の子。
最初の何日かは、泣いている子もいるが、この子は、一週間経とうとしても、一時間ほどずっと泣いている。抱っこしておろすと両手をあげて抱っこをせがむ。

さて、二週間ほどしての参観日、母親がその子の近くで絵を描いているのを見守っているときに少し話をした。「この子が1歳の時に下の子ができ、私が数か月入院をしなければいけなくなり家を離れたのです。・・・」それ以来母親から離れると泣き、離れられなくなったという。

その話を聞くと、今までどうしてずっと泣いているのだろうかと、思っていたのだが、その子が大変いとおしくなった。「まま」と泣きじゃくるこの子を抱っこしていても苦にならなくなった。
ここは、お母さんは、必ず迎えに来てくれるし、この幼稚園は安心できるところだよということを肌を通してずっと伝え続けたいと思った。

その子が・・・
笑顔いっぱいで、幼稚園を楽しんでいる。
うんといっぱい泣いていたことなど・・・忘れてしまっている・・・笑顔・・・
ありがたいことである。  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月05日

休日の幼稚園

昨日は、ある先生が、水やりと、うさぎの世話に行ってくれました。
本日は、私が。

畑の水やりも大変なことがわかりました。
近くの農家の人が、手伝ってくれました。
1時間ほどかかりました。
まず、50㍍のホースをのばして、水をしっかりカボチャ・トーモロコシなどにやってから、そのホースをまくのが・・。これ一人ですると、大変です。近くの方が、助っ人に来てくださるのが、大変有難いことです。そのようなお助け人がおられるというのが、これまた有難いことです。

  
Posted by 未来 at 20:51Comments(0)

2012年05月04日

10.「不審者訓練」(年3回実施)

10.「不審者訓練」(年3回実施)

1.日時 : 9時40分~10時15分
2.場所 : 幼稚園全体 
3.役割 : 担当(教頭)
4.ねらい: 不審者が来た場合の約束を確認し、実際に避難をする。
・3歳児:先生の話を聞き、自分の身を守ろうとする。
・4歳児:先生の話を聞き、自分の身を守ろうと落ち着いて行動する。
・5歳児:先生の話を聞き、自分の身を守ろうとすばやく行動する。

※教師のねらい
  ①、全職員が避難の対処の仕方を実際に行動することで再確認する。
  ②、5分間、子どもたちに教師が今命を守ってくれていることを意識させ静かに待つ。
  ③、事前に紙芝居「安全に」等をつかいクラスに応じて、命を守ることを伝える。
   「おすし」の合い言葉のおさらいをする。
・大きい声をだす
・すぐにげる
・しらせる
5.用意するもの
6.プログラム
①玄関から不審者侵入(次回は、3才の園庭側から)
②教頭(第一発見者が)声をかけて職員室広報に誘導。
③放送で「◎◎(はと)さんが来ています」と知らせる。
④各教師がそれぞれの役割に付く
 ア、3歳担任
   ・部屋に子どもを入れ、鍵を閉めカーテンもしめる。
  ・子どもの人数確認。教室中央に集める。
   ・さすまたを持ち、子どもの前に立ち、ドアを向いて構えておく。
 イ、3歳補助
  ・部屋の外の廊下で、ネットを持ち、不審者が部屋に入らないように子どもを守る。
 ウ、4歳担任
  ・部屋に子どもを入れ、鍵を閉めカーテンもしめる。
  ・子どもの人数確認。教室中央に集める。
  ・全員を確認し、テラスを通り、5歳児教室に誘導。
 エ、5歳担任
   ・部屋に子どもを入れ、鍵を閉めカーテンもしめる。
   ・子どもの人数確認。教室中央に集める。
 ・さすまた持ち待機。
 オ、5歳補助
   ・放送があった地点で、廊下・トイレ等確認しながら、園児を教室に誘導する。
・全員が部屋に入ったことを確認する。
 ・さしまたを持ち、一階に下り階段下で待機。不審者が上に上がらないようにする。
 ・場合によれば、3歳補助と一緒に、職員室前まで行き二人でいる。
⑤園児が小学校中庭に避難する
 ア放送で、「◎さんが職員室でいます」との確認がとれてから移動。
 イ補助の知らせを受けて移動。
   ・静かに「忍者」のように、見つからないように素早く移動。
⑥集合
   ・話をしないで待つ
   ・園児の人数を確認し、園長に報告する。
   ・園児を落ち着かせると共に、次の指示や連絡を待つ
   ・状況把握できてから、次にどこを通って、どこに逃げるのか心づもりをさせる。
    ※職員は、さすまたあるいは、武器になる物を、必ず手に持っておく。
⑦園長先生のお話
⑧上履きの裏をぞうきんで拭き、部屋に戻る。
 ※子どもに、評価を返す

  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月04日

振り返り記録について

保育補助の先生が記録を丁寧にとってくださっています。
そのなかに「絵本の読み聞かせ」のこと。「言葉にかかわって」のこと。「音遊び」のこと。をメモしてくださいとお願いしました。
子どもの個人記録だけでなく、現職教育でそれが貴重な毎日の記録となるようなものに。後で活用できるものにしていきたいと言うことを話しました。
せっかく、記録にエネルギーをいれてくださっても、それが後に行かせるものでなければ、単に記録でとどまってしまいます。

保育補助の先生がクラスの実践記録を書いてくださっているようなものなのですから、それに担任も書き足したりして、後で「実践集」として本にできるようなものであれば、すばらしいことです。

 まず「今日見つけ」を書くポイントにすればと思います。
 昨日と違った今日の子どもの様子。今日のクラスの様子です。3歳などは、4月は泣く子が多かったのですが、もうなく行動より、楽しむ行動になってきています。周りが安全であることを体で感じたのでしょう。ここで楽しんでいたら、お母さんが又迎えに来てくれるのだと、実感出来たのでしょう。
 その泣いていた子が何をきっかけに楽しむ行動に移っていったのでしょう。例えば、うさぎとの遊びの出逢いがきっかけであった子もいるように思うのです。今までは、うさぎがそばにいるのに、そちらに目がいかなかったけど、何かのきっかけでうさぎをさわりそれに癒されるように、落ち着いてまわりが見えてきたように私は思うのです。
 そのような、「変化のきっかけ」を見つけたり、三輪車をこぐ力がなかったのに、三輪車をこげるようになってきたのと同時に、走る姿も赤ちゃんのような左右に体を揺らしながらでなく、安定して走れる子どもになっているなど、「今までと違っている、今日見つけ」をすればよい記録になるのではないでしょうか。

 次に、顕職教育の今年度の研究である「音と遊ぶ」がキーワードで、どんなしかけをしておいたら、子どもの反応なり、子どもの遊ぶ様子が見られたというのも、後から振り返るだけの値打ちのある良い記録になっていくのではないでしょうか。

 また、先日「桜の花びらが散る様子」をとらえて、子どもらしい夢のある言葉を先生がとらえてくれていましたが、子どもの「新鮮な言葉」や、こんなことを考えているのだなあ、おもしろい発想だなあなど、子どものすてきを一杯とらえてメモをしておくのも、後で見たくなる良い記録につながっていくのではないでしょうか。

 しかしながら、保育補助の仕事は、担任と違った角度から、子どもの安全をまもり、子どもの発達を支援する大事な役目なので、記録することが先にくるのではありません。あくまでも1日の振り返りを簡単に記録しておくものです。
 しかし『記憶より、記録』で、私たちは、日々覚えているように思っていても、ざーざーと、抜けていってしまいます。記録の大事さがあります。10分から15分で書くことが出来る記録で良いです。勤務時間があるのですから、記録のために常に超過勤務になるのもおかしいことだと思っています。

 毎日、補助の先生から、記録を出していただくこの幼稚園のシステムは、すごいと思っています。私もそれを楽しく読ませてもらい、私も、そこに必ずコメントを入れさせてもらい、お互いの勉強になるためのものにしていきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。

※保育補助の先生が、1枚プリントに、毎日振り帰りを書いて出してくれるように、以前からなっています。それを教頭がコメントを書き、その後で、担任が読むようになっています。
 毎日、数名の保育補助からプリントが出てくるので、はじめは、教育実習生への毎日コメントを入れたように、こちらとしても大変なこととのように感じました。しかし、せっかくこのように真面目に振り返りを出してくださるのですから、これを最大限に活かしていくことが大事だと思っています。


  
Posted by 未来 at 08:08Comments(0)

2012年05月03日

9.「母の日」

9.「母の日」

1.日時 :5月第2日曜日
2.場所 :各クラス
4.ねらい:自分を生み育ててくれた母親の存在を改めて感じありがとうの感謝の気持ちを持つ。 
・3歳児:「おかあさん大好き」の気持ちと言葉を伝える。
・4歳児:「おかあさん大好き」の気持ちと言葉を、自作のプレゼントを添えて伝える。
・5歳児:「おかあさん大好き」の気持ちと言葉を、自作のプレゼントと共に伝える。

5.用意するもの
プレゼント
6.プログラム
※「ありがとう」の伝え方を考えよう。
 ・手紙を書く
  ・お母さんの顔を描く
  ・お母さんのお手伝いをする
一人一人のありがとうの気持ちをお母さんに贈ろう

7.その他
  ※一人親家族の場合は、配慮する。

  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月03日

運動会の準備

プログラムを作成・印刷。封筒に宛名印刷紙、入れて、40人ほどに出します。
地域の方に出すほとんどは、園長先生が運んで下さるので大助かりです。
これらのことで、今日一日かかりました。
幼稚園単独でする運動会は、初めてのこと。保護者の方も熱心だし、先生方も素晴らしく協力的だし、何とか出来そうなイメージが・・・。まだ、初めてで、地域のことなど全く分かっていませんが。何とかなるでしょう。

今日も、7時過ぎまで残って仕事する人もいたり、この連休に、兎の世話をしに来てあげらと言ってくださった先生もいたりで、本当にありがたいことです。
そうそう、日曜日に空になっていた池の中の石を割ってくれたところに、土が入りました。そこをならせばいい花壇が出来そうです。早速土が運ばれてきたので、大変ありがたいのです。

  
Posted by 未来 at 08:08Comments(0)

2012年05月02日

8.「こどもの日の会」(こいのぼり集会)

■5月
8.「こどもの日の会」(こいのぼり集会)

1.日時 :5月1日 9時15分~10時45分
2.場所 : 遊戯室
3.役割 : 司会(担当先生)
4.ねらい:自分や友だちが元気で成長していることをみんなで喜ぶ。 
・3歳児:元気にいることを嬉しく思う。
・4歳児:みんなが元気で過ごしていることを喜ぶ。
・5歳児:やさしく元気に大きく成長することを願う機会とする。
5.用意するもの
・5歳:3歳のプレゼントカブト。
   4歳:自分カブト
6.プログラム
9時15分~9時45分 (1)年長児がこいのぼりをとりつけ泳がせる。
※5歳が3歳の部屋にカブトのプレゼント持ち3歳児を迎えに行く。
               ・4歳は自分で。
9時45分       (2)かぶとをかぶり入場。
10時00分       (3)歌全園児「こいのぼりの歌」
            (4)園長先生の話
10時05分       (5)紙芝居
10時15分       (6)できるようになったこと、がんばっていること発表
10時25分       (7)おやつ(5.3歳ペアで座る)
10時40分        (8)終わりのあいさつ
10時45分       (9)退場

  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年05月01日

7.「誕生会」・・A案

7.「誕生会」・・A案

1.日時 :その月の最後の木曜日  9時30分~10時00分
2.場所 : 遊戯室
3.役割 : 司会(担当先生)
4.ねらい:自分の誕生日や友達の誕生日をお祝いすることで、大きくなった喜びを感じ
      る。自分を生んで育ててくれたお父さんお母さんに感謝の気持ちを持つ。
  ・3歳 :誕生日があることを知り、おめでとうのと祝う気持ちを持つ。
(先生や友達と一緒に参加し、誕生児を祝う気持ちをもつ。) 
  ・4歳 :誕生日に参加して成長したことを喜び、友達の誕生日をお祝いして、
       一緒に活動する喜びを味わう。
  (みんなと一緒に喜んで話を聞いたり、歌ったりして誕生児を祝う)
  ・5歳 :自分の誕生日を喜び、友達の誕生日を共に祝う気持ちを持つ。
       自分の誕生日には、お父さんお母さんに「ありがとう」とお礼が言える。
(友だちの誕生日を共に喜び、祝う気持ちをもって参加する。)
5.用意するもの
・入場テープ
6.プログラム
(1)全員が座る
(2)誕生児の入場
(3)名前・組・好きな食べ物などを聞く
(4)お祝いの歌を歌いましょう。「ハッピバースデートューユー」
※その子の歌の時に担任が抱っこする。
(5)子ども達から言葉のプレゼント
(6)誕生児から歌を歌う「大きくなるから嬉しいな」
(7)先生から頑張っている姿や、大きくなった姿
みんなにしってほしいことの紹介
(8)先生からのプレゼント
(9)終わりのあいさつ
7.その他
 ・誕生日の子どもの関係者をご招待
 ・誕生カード、本を誕生会の後、持って帰る。
 ・誕生児の玄関写真の掲示は、月初めにそろえる。

  
Posted by 未来 at 21:21Comments(0)