アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


QRコード
QRCODE

2012年07月13日

「おむつがとれないと幼稚園は、入れてもらえないのですか」


電話をとると、
唐突に・・・「ちょっとお聞きしたいのですが・・・」
  「はい、なんでしょうか」
「おむつがとれないと幼稚園は、入れてもらえないのですか」
と、言われました。

来年入園の子供さんのことで、いろんなことを悩んでおられるのでしょうねえ。

ところで、昨年は、おむつをしている子が2人いました。
今年もですが、おむつをしているのは、1割ほどのようです。
全員が、おむつがとれてではありません。

でも、幼稚園に来てからも、トイレトレーニングしていくので、大丈夫です。
担任の先生に話を聞くと、6月からプールに入るので、それまでに、おむつからパンツになってもらいたいという話がありました。

他にも、今までの子どもの中に、オマルでないと、出来ないというこもいたようです。
幼稚園に来て、みんなとトイレに行き、練習していると、できるようになりました。

今年も、3歳の子ども達をトイレの前に全員連れてきて、先生が「○ちゃん、できたの。えらい」等、トイレの前で先生が大きな声で喜んでいる姿が毎日あります。

たしかに、幼稚園の大きな一つのことは、「自立」です。
「衣食住」に関わることが自分で出来るようになるのが、1つの大事なことです。

個人差もあります。
「おむつだと、はいれない」と、言うような公立幼稚園は、ないです。
みんなが入れるのが公立幼稚園ですから。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。