アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


※カテゴリー別のRSSです
QRコード
QRCODE

2008年08月21日

幼稚園 夏休み 園だよりから

今日、登園日でした。
2学期の予定表を中心にした「園の夏休み号」を出しました。
そのはじめに書いた文です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
残暑お見舞い申し上げます。

暑い日が続きます。いかがお過ごしでしょうか。

 オリンピックの各種目に、目を輝かせたり、拍手したり、テレビの前で家族で応援しているのでは、ないでしょうか。


「大切な物事は、見えないところにある。」

 オリンピックでの勝ち負けをテレビで見せてくれます。しかし、これまでの4年間、あるいは小さいときからの頑張りや、くじけそうになったことを乗り越えて国の代表選手になったことなどの、その人のあゆみや歴史は、わかりません。でも、その人のこれまでのことを取り上げたテレビ番組がときどきあります。それを見て、さらに、この晴れ舞台に立った一人一人の選手のすばらしさを感じています。
 ところで、サン=テグジュペリは、『星の王子さま』で「大切なものは、目に見えない」と、言わせています。また、「砂漠が美しく見えるのは、そのどこかに井戸を隠しているから」とも言わせています。

 今、前にみえることだけでなく、まだ見えていないけども、もっとすばらしいものがあります。あるいは、人を見るときも、まだ見えていないすばらしいものを見ようとする目で見たいものです。
 もちろん、自分に対しても、です。
 『未見の我』(みけんのわれ)と、いうことばがあります。自分のまだ見ない、良い自分を耕し、掘り、それを出せていけたらと思います。

 また、目の前にいる子どもたちこそ、まだ、3年・4年・5年しか生きていません。すばらしいものをいっぱいもっている、これからの未来を生きる人です。私たちがそのすばらしさを発見しながら、子どもと日々を接していきたいものです。             
Posted by 未来 at 20:20Comments(0)・教頭