アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


QRコード
QRCODE

2012年07月06日

読書に関してのアンケート実施

「うちどく」が始まって2年。
昨年まで勤めていた幼稚園では、保護者が毎日でも5冊図書を借りられるようにしていた。
この幼稚園では、週に一度5冊。利用する保護者も10人足らず。

「本は、第二の友達」。
この状況を変化させようと思っている。
そのために、まず、状況アンケート。そして、保護者の考えを聞くアンケートを実施することとした。
土曜日から、1週間、毎日読み聞かせともテレビの時間を調査する。これで、今現在の様子がわかる。
もう一度、6ヶ月後に同じ調査をする予定である。変化が起きると、思っている。

まず、図書を借りやすくする。また、方策として次の6つを考えている。
1.図書室を移動させる。
2.毎日でも借りられるようにする。
3.図書を購入する。
4.昼に教頭先生の読み聞かせ
5.「うちどくノートの定期的提出」
6.新刊図書紹介園だより


1.今の図書室は、離れになっていて、動線が全く悪い。
 別棟なので、鍵をあけてわざわざ行く必要がある。それを玄関横の部屋に移動させる。
 登園にこどもを送ってきた保護者がいつでも立ち寄れる。鍵もかかっていないので、自由に利用できる。

2.今は、週に一度。それも借りる人が4月から6月までの平均利用人数は、10名ない。
 玄関横なので、いつでも借りられるようにすれば、気軽に借りることが出来るはずである。

3.以前の園では、「図書費」を月50円別に確保していた。この園ではない。なので、補充されず古い本や修理した本が多数ある。また、本にシートをかけていないので、痛みやすい。
 なので、新しい本を出来るだけ入れるようにし、その本に必ずシートをかけて並べるつもりである。また、「購入してほしい図書」を書いてもらいそれを入れていくことも考えたい。

4.週に一度だが、新刊を中心に、私の読み聞かせ会をする。新刊図書の紹介となるようにしたい。

5.保護者が書いている「うちどくノート」を月末ごとに出してもらい、私が一言を書き入れる。
 これは、すでに5月から始めている。5月は数名だったが、6月末は、1/4くらいの提出があり、その日のうちに一言を書き入れて帰すようにしている。

6.新刊図書紹介園だよりも以前の幼稚園でしていたことである。新刊は私がすぐに読み、それを全て園便りに、数行の感想とともに載せていた。ここでも、新刊が入る都度したいと思っている。

来週には、アンケートが返ってきて、その集計も出来るはずである。そして、取組をして半年後のアンケートと比べてみるのが、今から楽しみである。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。